2010年4月17日

4月20日(火)はランバーダ@六本木バチャータ天国

カリブ海に浮かぶ島国・ドミニカの「バチャータ」をご存知ですか?

いま、六本木あたりのサルサクラブで人気のペアダンスです。サルサの音楽に比べるとゆったりしたテンポで、ちょっと哀愁のあるメロディが人気の秘密のようです。

その音楽に合わせて踊るバチャータは、サルサよりもいっそう情熱的に、まさにラテン気質をダイレクトに表現するようなダンスです。

そんな情熱的なダンスを、男女ペアの年齢が合わせて116歳という熟年ペアで踊っているのが「タッキー&マノン」のお2人。ちょっとその年齢が信じられないような、情熱的で妖艶なダンスで魅せてくれます☆

そして、タキマノのお2人が毎月第3火曜日に主催するバチャータ・ダンスイベント「タッキー&マノンのバチャータ天国」(通称・バチャ天)は、毎回120名以上が参加するという、毎月開催のサルサイベントの中ではトップクラスの動員数を誇る大イベントです。

今月のバチャ天は4月20日(火)。六本木トリプル・トゥエンティーにて開催。今回も大勢のダンス好きの男女が集まることでしょう♪

そして!今月のスペシャルゲストで登場するのが、つい最近歌舞伎町にオープンしたラテンバー「フィエスタ」の共同経営者でブラジル3世のアレックスと、わがバルバロスが誇る花形ダンサーSATOMARIという超魅力的なペアによる「ランバーダ」のパフォーマンスです♪

ダンスの好きなあなた、ラテン音楽の好きなあなた、お酒の好きなあなた、みんなでワイワイと騒ぐのが好きなあなた!

みんなでバチャ天に出かけませんか~(^_-)-☆

NORI☆