2010年8月25日

双子の兄弟愛。

昨日は、最後のバテリア(楽器隊)練習に行ってきました。
プリンセーザ ダ バテリア(楽器隊の姫)に任命された私は、
久々に手ぶらで楽器隊練習に行き、
ひたすら音と一緒になることを主眼に、暴れてました(笑
楽しかったーーーー!!

それでは、今年のバルバロスのテーマの12星座のひとつ、
双子座のお話をば。

【双子座 Gemeos ジェメオス】

ある日のこと、大神ゼウスは白鳥の姿に化身すると、
スパルタの王妃レダに会いに出かけ、レダに2つの卵を生ませました。
その卵の1つからは双子の女の子ヘレンとクリュネスが生まれ、
もう1つの卵からは双子の男の子カストルとポルックスが生まれました。

カストルの方は、スパルタ王の息子で生身の人間でしたが、
ポルックスはゼウスの血を引く不死身の体を持っていました。

2人はパレナで成長し、カストルは戦いの技術に優れ、
また馬の調教師であり乗馬の達人に、ポルックスの方は
拳闘の達人となりました。

数々の武勇伝に名を残した2人でしたが、従兄弟のイダスと
リュンケウスと闘った際、カストルが射殺されてしまいます。
悲しみに暮れたポルックスは父親であるゼウスに自分の不死身を
カストルと分かち合いたいと願いました。
それが受け入れられ、2人は星座となり、1年の半分は天上で、
もう半分は地下(冥界)で過ごす事になったのです。

神話とは言え、兄弟愛は素晴らしい♪

SATOMARI@獅子座